So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

M6フェアウェイウッド 3w ツアーAD VR-6S [クラブセッティング]

M4のハイロフトスプーンがエースではあるものの、ティーショット中心の場合は、こちらを使います。ドライバーにVRを入れて、良かったので、3Wでも採用してみました。


IMG_1763.jpg


IMG_1766.jpg


ちなみにドライバーとスプーンを同じシャフトにすべきかという議論はつきませんが、私はあまり同じである必要はないように思っています。ドライバーはティーショット専用ですし、ヘッドの大きさも慣性モーメントもあまりに違います。重量フローだけ整っており、キックポイントが先と元ぐらい全く違うというのであれば考えますが、中調子のもので、ドライバーが先(中先)、3wが元(中元)ぐらいであれば、問題なしです。ちなみにドライバーが元、スプーンが先はちょっと気になります。


話は戻りますが、私がメンバーのコースはどちらも林間コースで、ボールを曲げたくない、もしくは短いミドル、ロングホールがありますので、スプーンでのティーショットを多用します。


目安としては、ミドルホールで350ヤード以下、ロングホールで500ヤード以下のときでしょうか。


さて、この3番ウッドですが、まずはヘッドについて。比較的低スピンで、ぶっ飛びの部類です。以前、使っていたM2のフェアウェイウッドよりは、ボールは上がりやすいです。とは言え、高く上がりすぎるという感じでもありません。ミスヒットにはまあまあ強いように思います。


続いてシャフトですが、表記は中調子ですが、やや先目ということもあり、ツアーADのFに比べれば、若干神経質になります。タイミングがずれると少しブレやすいかもしれません。


IMG_1764.jpg


VRのシャフト自体、比較的パリッとした硬い感じなのですが、振ってみると簡単につかまります。シャフトの動きがしなやかです。


IMG_1765.jpg


今回は6Sということで、スプーンにしては少し軽いので、鉛調整を行っています。マーク金井の10gを手元にはって、333gです。


スプーンは頻繁に変えるので、また悩むかもしれません(笑)。
nice!(0)  コメント(0) 

2019年10月クラブセッティング [クラブセッティング]

2019年10月現在のクラブセッティングです。

234E8355-9968-4C58-B5BD-812115B45D64.jpeg


1w : M6 ドライバー Tour AD VR-6S 10.5度
3w : M6 フェアウェイウッド Tour AD VR-6S(鉛調整有) 15度
3wHL : M4 フェアウェイウッド Tour AD F-65S 16.5度
3UT : M6 レスキュー REAX 85 JP 19度
4I : スリクソン Z565 N.S.PRO 980GH DST
5I-PW : スリクソン Z765 N.S.PRO 980GH DST
50/54/58 : RTX 4 ツアーサテン ウエッジ ウエッジ N.S.PRO MODUS3 TOUR120
P : スパイダー X カッパー/ホワイト スモールスラント 34インチ


スライド1.GIF

ドライバーはM6、10.5度なので、低スピンで弾道やや高めを狙っています。VR6Sはやや先に近い中調子ですが、振り心地はなかなかしっかりしています。前はM2でしたので、ツイストフェイスの効果か、曲がりは小さくなりました。


スプーンは2本体制。M6とM4ですが、エースはM4のハイロフトスプーン。M6はややシビアでボールが上がりにくいのと、シャフトはVRで先が少し動くので地面から打つのには気を使います。ティーショットで多様する場合は、M6でいきたいかも。


3アイアンがないので、3wと4Iの間を埋めるユーティリティ、M6レスキュー19度。5wだとやや間隔が広いので。カーボンシャフトも良いのですが、ラフから多様することを考えると、今のところはスチールのままで良いという判断。REAX85は比較的パリッとしている感じです。


4Iは少し楽してZ565。4I、5I-PWも全てN.S.PRO 980GH DST。950GHに比べるとやや重たいですが、トルクが高い分、ロングアイアンは楽に振れます。


最後にウェッジは3本体制。以前はボーケイの3本体制でしたが、現在はクリーブランド。イメージとしては、クリーブランドのほうがスピンが多い感じ。バランスはボーケイのほうが良い感じ。夏ラフを考えるとクリーブランドのほうが使いやすかったため、使用しています。冬に向けて、ボーケイに戻すかも。


パターは流行りのスパイダーX。普段はピン型ですが、最近グリーンが小さいところでしかやっていないので、ショートパット中心のため、スパイダーXメインに。またロングパットが増えるコースであれば、エースのピン型に戻します。
nice!(0)  コメント(0) 

M4フェアウェイウッド 3HL ツアーAD F 65Sを装着 [クラブセッティング]

久しぶりに3番ウッドをアップデートしました。

タイトルにあるとおり、M4のハイロフトスプーンです。


スプーンが苦手という人も多いと思いますが、その原因はボールが上がらないから。


ということで、16.5度の3番ウッドを採用です。


868D2723-8242-4CC1-9AA0-90B21BDC6988.jpeg


188D6EC5-9F85-4E21-8D1B-171598CB95AB.jpeg


68F8D618-1E1E-4ACE-9AAC-B1D18C92A750.jpeg


しかしこのハイロフトスプーンですが、日本では発売がありません。


従って、楽天でUSモデルを購入。最初はフジクラさんが刺さっていたのですが、前から使ってみたいと思っていた、ツアーAD F 65Sに変更。


届いてすぐ新宿ゴルフ工房さんに現品を持ち込んで、ツアーAD Fは仕入れて頂きました。そして翌日にはお昼にはご納品。仕上げが早い!


A719FC30-4661-45C1-A8DB-02FE21799563.jpeg


出来上がりのスペックとしては、43インチ、336グラム、バランスD3。最初は重量が足りないかと思いましたが、丁度良かったです。


さて、早速試打。


最初から上がることが分かっているので、ボールを上げようとしたスイングにならず、自然に振れます。そして、ボールはやや高い。


ツアーAD Fはやや手元に調子があるはずですが、難しくなく、タイミングが合わせやすい。ドライバーはM6のツアーAD VR 6Sでやや先に調子があるのですが、組み合わせは気にならなそうです。


飛距離性能、使いやすさのバランスを考えると過去最高の3番ウッドになりそうです。

nice!(0)  コメント(0) 

3番ウッドを考える2018 その1ネクスジェン(ゴルフパートナー) [クラブセッティング]

3番ウッドって結構、難しいですよね。私はティーショットで3番ウッドを多用するのですが、やはり下から打つとなると若干のプレッシャーがあります。


過去のブログでも書いていたとおり、もともとは「ダンロップ スリクソン Z F65 フェアウェイウッド」を使っていました。シャフトはTourADのTP-(6)S。

144793.jpg

ティーショットであれば、ボールも上がるので気楽に売っていたのですが、芝の上からだと、良い当たりをしないと、きちんと止まるボールが打てないということで、変更を検討。


3番ウッドを選ぶポイントですが、やはり力が抜けること、そしてシャフトが簡単であること、そしてボールが拾えることを意識しました。


結果、ドライバーの影響も多分にあり、ネクスジェンの3番ウッドを導入。


img06.jpg

img05.jpg


ゴルフパートナーの安楽ドラコンプロも動画で簡単にボールが拾えると言っているとおり、非常に打ちやすいです。





スペックとしては、

▼ネクスジェン6 3w
ロフト角:15度
ヘッド体積:160cc
クラブ長:43インチ
シャフト:E.I.F.シャフト
シャフト重量:59g
クラブ重量:310g
トルク:4.0
調子:超手元調子


となっています。特徴としては、310gと軽いこと、ヘッドが160ccと小さいこと、シャフトがE.I.Fであること。


E.I.F.シャフトはぼちぼち柔らかいので、下から打つのは不安があったのですが、シャフト先はなかなか硬いので、案外いけました。


スカイトラックで一発はこちらです。厳し目の数値だと思うので、+10ヤードぐらいは実際飛んでると思います。


IMG_0240 copy.jpg


クラブ重量フロー的には、結構アンバランスです(笑)。


図1.jpg
nice!(0)  コメント(1) 

ボールがつかまらなかった問題 [スイング]

掲題のとおり、ボールがつかまらなかった問題が解決しました!


最近、ボールが右に出たり、フックしたり、ドライバーの高さが出なかったり、違和感満載でした。


まず最初に怪しいと考えたのは

(1)捻転が浅い
(2)体の開きが早い
(3)左手がオープンのまま

などなど。


どれも試したのですが、結果的には、下半身の始動を早くし、体をでボールを捕まえることしました。


ですが、これだとボールが低いままだったり、フックが出たり、安定しませんでした。


ということで、いつもの谷先生のスクールで見てもらいました。


10球ぐらい打つと、先生から「アプローチ得意ですが?」、「ロブショット得意ですか?」などの質問が。


アプローチは得意だけど、ロブショットは苦手という回答。なるほど。


そして自分の動画を見ながら指摘された点は、、、


捕まらない理由はハンドファーストのままインパクト以降もスイングが向かっていることが判明。


もっとハンドレイトにすることでボールをつかまえることなりました。


片山晋呉選手のスイングを見せられ、随分と違う打ち方であることが判明。


あっという間に、スイングがしやすくなり、解決しました。ちょっと、この方法で練習します。
nice!(0)  コメント(0) 

ドライバーが+10ヤード(ネクスジェン6投入) [クラブセッティング]

IMG_7945.jpg


一番、苦手なクラブは?


と聞かれれば、すぐドライバーと答えます。あのティーアップしている感じが苦手で、私の中で最も緊張感の高いクラブです。


このようにドライバー苦手という方も多いのではないでしょうか。


というわけで、ドライバーを簡単にすることはできないかと思い、クラブ変更を検討しました。


ちなみに、これまでは「スリクソンZ565+TourAD TP-6s」の組み合わせです。


▼スリクソンZ565+TourAD TP-6s
main0.jpg

main2.jpg

ロフト角:9.5
フレックス:S
長さ:45インチ
ヘッド体積:460cc
クラブ重量:317g
シャフト重量:65g


前にも記載しましたとおり、クラブの重量フローはかなり連動していて、見た目的にはかなり満足ですが、やはり私にはシャフトが若干ハードだったかもしれません。調子が良いときは問題ないですが、ラウンド後半や調子が悪いときは苦戦します。


そこで色々と検討した結果、下記を試してみました。


▼ネクスジェン6 ドライバー

item01.jpg

item03.jpg


こちらのクラブ、かなり色々なところで噂になっており、特にシャフトに特性があるようです。


▼シャフトでクラブはこんなに変わる
http://www.gp-nexgen.jp/dev_story/story06/


▼【ネクスジェン6】黒田カントリークラブも飛んだ!秘密は魔法のシャフト【ゴルパチャンネル】



よく+10ヤードとか、+20ヤードとかっていうお話がありますが、大体は+5ヤードだったり、変わらなかったりします。


半信半疑で、茨城県にあるゴルフガーデン ザ・ロンドにて、試打をしてみました。

photo01.jpg

こちらゴルフパートナーが併設されておりますので、中古で試打ができます。


恐る恐る店員さんに、こちら試打したいのですがとネクスジェン6(ロフト:10.5度)を持っていくと、これ飛びますよ~(笑)って感じで貸してくれました。ちなみに、ゴルフパートナーの会員権を出せば、簡単に借りられます。


で、まずはZ565で何球か打ってみます。私の力量だと230ヤード弱ぐらいのキャリーで若干、ネットに届かない感じ。


そしてクラブをネクスジェンに持ち替えてみる。シャフトは記載のとおり、クニャクニャでレディースみたいな感じです。特に手元と先が柔らかく、しかし中間部は硬い感じです。


▼ネクスジェン E.I.Fシャフト剛性イメージ
img06.png


では1打目。


カキーーーン。


Z565と大きく違うのは音の高さとボールの高さ。シャフトの振り抜きやすさはもちろんのこと、ヘッドのはじき感も別格です。


若干フェード目に出て距離はロスしていると思われますが、ボールはキャリでネットにどすん。


確実に+10ヤードは飛んでいます。


何球か続けて打ってみると、どれも確実に距離が伸びています。


若干ツッコミ気味で打っていたので、少しリリースを早くして、右サイドで打つようにすると、完全にハイドローです。。


シャフトは柔らかいため、不安はあったのですが、打ってみると全く気にならず。ドライバーの重量もかなり軽くなり、281gとZ565から36gも軽くなりましたが、ヘッドが効いているせいか、あまり違和感を感じません。もちろん随分と軽く打てるようになりました。


最初は10.5度で打っていたのですが、あまりにボールが高いので9.5度に変更。


▼ネクスジェン6(9.5度) スペック
ロフト角:9.5度
ヘッド重量:196g
クラブ長:45.25インチ
クラブ重量:281g
シャフト重量:54g
バランス:D3.8
トルク:6.0


トルク6.0。。すごい遊びのあるトルクですね。


というわけで、

IMG_7945.jpg

IMG_7947.jpg

IMG_7946.jpg

ネクスジェン6(9.5度)お買い上げです。 51,840円なり。


ちなみに、購入後、ラウンドして、一緒に回った年配の方にお貸ししたところ、9.5度ではボールが滑ってつかまらなかったです。


ヘッドスピードがもう少し遅い方は10.5、11.5あたりが良いかもしれません。
nice!(0)  コメント(0) 

ゴルフスイングの右腕の使い方を考える [スイング]

DDD8258F-9B16-4E8D-ADF2-067AA3F51E89.jpeg

調子が悪くなってくるとドライバーで異常なまでにひっかけてきます。いわゆる 
チーピンです。


捻転が足りなかったり、右肩が前に出たり、右手を返したり、下半身が止まった 
り、いくつか理由が考えられます。


今回はラウンド中に出てしまった場合の修正方法、注意点と次回のブログで練習 
での直し方を書いておきたいと思います。


まずラウンド中にチーピンが出てしまった場合。結構、ひどいとパーを取るのは 
かなり難しくなってきます。


▼捻転が足りない場合
これはテイクバック時の捻転が足りないため、切り返しですぐ右肩が前に出てし 
まいます。


捻転不足の理由の一つは手・腕でクラブを上げてしまうことです。したがって。 
脇をしめて体の正面に常にクラブがあるようにします。体から腕が離れなけれ 
ば、そんなにひどいショットにはなりません。


▼右肩が前に出てしまう場合
切り返しでボールを捕まえたいため、体重移動よりも回転でボールを打ちに行っ 
てしまいます。


多くの場合は、右手に力が入っていてアウトサイドからボールを捕まえにいって 
います。


したがって、まずは手の力を抜くことが優先です。


▼右手を返してしまう場合
これも切り返し時に右手が強いことが考えられます。一つは右手を使いにくいよ 
うに、アドレス時に右肘の内側を正面に向け、肘が開かないようにする。


もしくは切り返し時に右手の力を抜き、アンダー(パッシブトルク)にてインサイ 
ドからクラブを下ろす。


このようにチーピンの原因はいくつかありますので、私の場合は、肘を絞ってア 
ウトからクラブが入らないように心がけています。

nice!(0)  コメント(0) 

出張・旅行中の練習について@ラスベガス [ゴルフ練習]

突然ですが、ラスベガスに1週間来てます。目的は仕事なので、ゴルフから少し離れてしまいます。

E2B2EEC1-CC3D-46E9-B57A-957009030288.jpeg


出張中はゴルフに行く時間も取れないのですが、コーチから右片手打ちやコッキングなどの課題をもらっているので、ホテルの部屋にて練習を考えました。


出張前1週間ほど、どうやって練習するか悩むものの、日本を発つ直前までウエッジだけ持っていく予定でした。しかし当日、雨も降っていたり、飛行機で運ぶのもの不安があったため、取りやめに。とりあえず、プラスチックボールだけ持っていき、クラブは現地調達をすることに。


事前にネットでホテル近くのゴルフショップを調査。ちなみ今回はWynnというリゾートホテルに宿泊です。


ホテルから歩いて5分のモール「Fashion Show」にDICK'S Sporting Goodsがあることを確認。ここでクラブを買いましょう。


32EF49BD-D739-46CD-908B-C92E9E537466.jpeg

そして早速、行ってみることに。お店に入ると、さすがアメリカ。ゴルフ5より、全然大きい。ちなみにDICK'S Sporting Goodsは総合スポーツ店です。


2階のゴルフグッズ売り場に行ってみる。さすがアメリカ。ナイキ、アンダーアーマーは地元だけにたくさん安く売っています。ナイキはマキロイ、アンダーアーマーはもちろんジョーダンスピースが広告塔です。


今回はクラブの質は求めないので、スチールのウエッジでもあればと思い、お店を物色。


5A51D284-7539-447C-9595-601C3B9CAE21.jpeg


BC9C29E8-096D-43C1-AB01-224CC1539797.jpeg


そして勝ったのは日本では見たことないトップフライトというブランドの52度。オリジナルのスチールシャフトが刺さっています。これがまた、なかなかの振り心地。


とりあえず、ホテルの部屋も広いので、プラスチックボールでフルスイングです。


F878B446-DD3B-4B64-841C-B3930B64C297.jpeg


カーテンを開けて、窓に打てば、簡単に壁打ちなので、毎日100球ぐらい練習するつもりです。


nice!(0)  コメント(0) 

ショートスイングの練習内容 [クラブセッティング]

スイングを安定させたかったら、ショートスイングということで、本当に効果があります。

この1ヶ月、ショートスイングばかりしてきたのですのが、そのドリルの内容は下記の通りです。


1.左手1本で25球 52度のウエッジ
2.左手1本で25球 7番アイアン
3.両手で25球 52度のウエッジ
4.両手で25球 7番アイアン


この100球の組み合わせをほぼ1ヶ月毎日やりました。


効果としては、左手が上手に使えるのでボールがつかまる。そして芯に当たる。


是非、トライしてみてください。

nice!(0)  コメント(0) 

ショートスイングの重要性 [ゴルフ練習]

谷将貴ゴルフアカデミー21にも、もう3年くらい通っているわけですが、そろそろスイングを固めていこうという話になりました。

そこで、とにかくショートスイングということになり、4月いっぱい、ほぼ毎日100球ずつ練習しました。


7683EBDC-F0FC-46FA-A065-3B7605694B0B.jpeg


▼ショートスイングポイント
1.グリップの作り方
私はインターロッキングなのですが、右手の持ち方が悪く、右手の中指と薬指をきちんとグリップに当てる。右親指をグリップにしっかりかぶせる。

2.アドレス
骨盤をしっかり使い、お尻を上げる。姿勢は胸を張るイメージ。

3.体の正面で打つ
練習ではスティックをグリップと一緒に持ち、体から離れないように練習しました。

実際、かなりインサイドに引いてる気分になります。それだけ普段、グリップエンドと体の距離が変わってしまっているということですね。


次回は一ヶ月、どんな練習をしたのかを書きたいと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。